火葬から骨上げまでの手順

火葬から骨上げまでの手順

ご遺族にとってお客様をお迎えしての大イベントである葬儀が終わると少しホッとされるでしょう。
一気に疲れが出ることもあるかもしれません。

葬儀、告別式を終えると、故人とともに火葬場に移動します。
死体火葬許可証を管理室に提出し、ご遺体を火炉前に安置します。

釘打ちを済ませた棺の小窓から、故人と本当に本当に最後のお別れをします。

余談ですが、祖父の火葬の際に私の母は、
「生き返るならラストチャンスだよ」
と言っていました。私は笑ってしまいましが本人は真顔でした・・・

さて、お別れをすませると僧侶の読経がはじまり、ご遺族、列席者の焼香となります。

続けて棺が火炉に入れられ、点火されます。

点火後は、およそ2時間弱程度の待ち時間が発生します。
ご自宅が近い場合は一度お帰りになり、身体を休めることもできますが、通常は遺族の控え室で待機します。

通常、火葬は遺族、近親者のみで行いますので、この待ち時間は久しぶりに身体の休まる時間となります。
火葬中にお食事をするケースも増えているようですが、いまだ抵抗のある方もいらっしゃるようです。

また現代では、直葬といい、お通夜や告別式をせずに、火葬からはじめるプランも紹介されています。

火葬が終わりましたら、火炉の前で骨上げを行います。
竹製の箸で、二人一組となりいわゆる「箸わたし」の方法がとられます。
骨上げは、歯から始まり、足、腕、腰、背、肋骨、最後に頭部を納めて終わります。
喉仏の部分は舎利と呼ばれ、故人に最も近い方が拾うとされています。

骨上げが終わると、白い布箱に入れられ喪主の元に戻ってきます。

故人の死を一番実感する瞬間かもしれませんね。
まだ様々な法要が残っていますが、ここで一応のケジメとなります。
ご自宅に戻りますと、故人がいない非日常の空間に再び悲しみが襲うこともあるでしょう。
その悲しみを和らげるためにも、故人の弔いに励むことです。
ご位牌に向かって手を合わせ、無事に彼岸にたどり着けるように願います。

■ 東京都下の家族葬
       
       
       
       
       
       
       
       

Calendar