初七日法要について

初七日法要について

初七日法要は、亡くなった日を含めて7日目に行うのが正式です。
7日間かけて、故人はやっと三途の川のほとりに到着するのだと言われています。

これから故人は三途の川を渡り、彼岸を(あちらがわの岸)を目指すわけですが、三途の川には橋がかかっている訳ではありません。

暖流のなかを渡るか、激流のなかを渡るか、急流のなかを渡るか、この裁きを受けるのがこの初七日なのです。

そして、故人が暖流を渡ることができるようにと行う法要を初七日法要と言います。

初七日ってとても大切な法要なのですね。
できれば楽に三途の川を渡らせてあげたいものです。

ところで、故人の首に下げた頭陀袋に入れて持たせた「六文銭」は誰に支払うのでしょうか・・・
しかも偽銭ですが・・・

それはともかく、初七日法要が故人の旅路の重要な裁きのための法要だというのに、私の家では初七日法要を葬儀のときに行いましたよ?
まだ、三途の川にたどり着いていないですよね?

本来、7日目というと骨上げから2~3日後となりますが、親戚や親しい方に再び集まっていたあくのは大変だとの理由で、現代では葬儀の日に行うことが多くなってきているのだそうです。

こちらの都合で勝手に変えてしまっているわけですね。
故人にとってはもしかしたら、「おいおい勘弁してくれ~」ということかもしれません。

さて、昨今の初七日法要は、火葬、骨上げが済み、ご遺骨が自宅にもどって後飾り壇(小さな祭壇)に安置された後の、「還骨勤行」に続いて行われることが多いようです。
私の家の葬儀では、僧侶がお経を読み上げ、その後に軽めの説法を拝聴して終わりました。
説法の内容は、忌中の法要についてでした。

その後、精進落し(精進落しの振る舞い)が行われました。
精進落しとは、僧侶、また葬儀のお手伝いの方々の労をねぎらう宴で、いわゆる精進料理ではなく、肉や魚もフルまわります。これが精進落しの意味ですね。

その後、忌明けまでの間、7日間ごとに法要が営まれますが、ご家族だけで済ませることが多いようです。

■ 東京都下の家族葬
   

Calendar