葬儀費用の相場と葬儀社選び

葬儀費用の相場と葬儀社選び

ご家族が死が現実的にならないとなかなか目を向けることができないのが「葬儀費用」ですね。

近年では、不況の影響もあるのでしょうか、特に都市部を中心に、密葬や家族葬、また火葬のみで済ませる、いわゆるジミ葬なるものも増えているのだそうです。

病院でなくなった場合などは、搬送指定の葬儀社などから「葬儀社はお決まりですか?」などの営業を受けますが、すぐに決めたりせずに、故人やご遺族が望んでいらっしゃる葬送手法により、葬儀社を決めることが大切ですね。

さて、一般的に葬儀費用の相場は、250万円程度で言われることが多いようです。
これには、葬儀一式の料金に、飲食代や寺院費用(お布施など)が含まれていますが、高いと見るべきでしょうか、安いと見るべきでしょうか・・・

逆に、葬儀の希望予算をたずねると、100万円以下と答える方が半数以上を占めています。
この差額が、遺族にとっても葬儀社にとっても悩ましいところとなっている現状です。

基本的に葬儀費用は香典でまかなうものとされますが、果たして香典でまかなえるものでしょうか?

一通りのお付き合い程度なら5000円、少し親しくて10000円・・・
近親者以外から受け取る香典はおよそこのような金額ではないでしょうか。
会葬者が100人いたとして...

やはり、葬儀費用はご遺族にとって無視できない負担と言えそうです。

かと言って、通夜、葬儀までにあまり時間もありません。ほかの買い物と違って、ゆっくりと見積もりを眺めて考えている時間はあまりないのです。

現代ではインターネットの普及により、見積もり依頼が簡単にできたり、古い葬儀社の慣習を打ち破り、ネット上で料金の詳細を公表している葬儀社も出てきましたので、いろいろと短時間で比較できるようになりました。

しかし、まだ慌ててはいけません。
やはり、葬儀社、また葬儀社の担当者の良し悪しにより、葬儀の満足度がかなり違ってくることも頭に入れておいてください。

私も義父の葬儀の際、担当の方が本当に親身になってくれて、心から信頼することができましたし、司会もその方にお願いしたのですが、神妙な面持ちのなかに故人を敬う心を感じることができて、すごくよい葬儀になったと思います。
担当者でこうも違うものかと実感いたしました。

目の前の予算もとても大切な要素ですが、葬儀社の取り組んでいただく姿勢は重要な判断材料になりそうです。

■ 神奈川の家族葬
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar