四十九日法要とその準備

四十九日法要とその準備

四十九日の法要は、葬儀に次ぐ大きな法要と言われ、葬儀後初めて一般の方をお呼びして行われる法要としても知らていますね。

また四十九日の法要の際に、同時にお墓にお骨を納めることが多く、ご自宅にお骨も亡くなり、本当の意味で通常の生活に戻るということにもなるでしょう。

現代では、無宗教層を中心にこういった法要を行わないことも増えてきていますが、忌明けの大切な法要として四十九日の法要は日本の文化に深く根付いています。

そもそも四十九日というのは、故人がなくなってから49日間は、六道輪廻の狭間をさ迷う期間と言われ、この間7日間ごとに閻魔大王の裁きがあり、極楽浄土にいけるか、若しくは地獄界や餓鬼界などに落ちるのかを裁かれており、最終的な裁きが下されるのが49日目であるとされています。

その49日間の間に、ご遺族がご供養を捧げることを追善供養といいますが、ご遺族のご供養が故人の善を積み上げることになり、閻魔大王の裁きに影響するとされているのです。

閻魔大王のことを信じておられる方がどのぐらいいるかは分かりませんが、宗教の教えには道徳的な意味合いが隠れていることがしばしばありますね。
人としての生き方を豊かにするためには、ご先祖への敬いの気持ちが大切なのだ!と、私は捉える様にしています。

さて、四十九日の法要前には、お墓、仏壇、本位牌を準備しておく必要があります。
また案内状の手配、引き出物、お斎(法事後の会食)の準備も必要です。

法事当日は、

僧侶の読経、焼香、説法、納骨、お斎(会食)、喪主の挨拶、引き出物の引渡し...
などの段取りで進められます。

また新しく仏壇を購入した際には、同時に開眼供養が行われ、本位牌に御魂を入れていただき、仏壇に納めます。

今後はこのご位牌がご供養の対象となります。

ご遺骨を安置していた後飾り壇も片付けられ、少し寂しさを感じるご遺族も多いことでしょう。
無事に極楽浄土に召された故人に見守っていただくためにも、仏壇(ご位牌)に手を合わせる習慣を持ちたいものですね。

■ 神奈川の家族葬
     

 

Calendar