葬儀Q&A(2)

葬儀Q&A(2)

Q)お葬式を友引の日にやるのは本当に縁起が悪いのですか?

A)先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順にやってくるのが陰陽道の孔明六曜星です。カレンダーに記されています。基本的に仏教徒は関係ありません。昔の中国の吉凶占いから派生しているものです。ですので、現在の七曜とは全く違うものです。友引は以前、「共引」と書いていました。先勝・先負の間に入る「勝負なしの日」ということで、引き分けを表しています。ですので、悪い意味ではありません。 日本には葬儀の凶日に「友曳方」があり、それと混同されて「友引」と記されるようになったようです。それで、友引に葬儀を行なうと「友を引き寄せて冥土に連れて行く」と言われるようになり、友引にお葬式をおこなわないのがマナーとなっています。ですので、友引を避け、その翌日に葬儀をおこないます。 しかし、これは全くの迷信から起こった風習だといえますが、お通夜は友引に関係なくおこなわれるのが通常ですし、全国の火葬場も、多くは友引の日がお休みになっています。また葬儀社も、友引にお休みしているところがけっこうあるのです。その結果、友引明けの日の火葬場は普段よりも、たいへん混みあっています。 もし必要に迫られて、どうしても友引にお通夜や葬儀をおこないたい場合には、葬儀社が用意した「友引人形」をお棺の中に入れて儀式する地域が一部あります。なお仏滅とは「仏が滅した日」のことですが、面白いことにこの日に関しては、お通夜も告別式も普段通りにおこなわれています。ちなみに友引の場合、結婚式などの慶事には大安に次ぐ吉日で、好んで選びます。

Q)墓石に付いた水垢は、どうすればきれいになるのでしょうか?

A)どんなに高級な墓石でも、年月が立てばどうしても汚れが目立ってきます。墓石に水垢をつけないようにするためには、まめに掃除をすることが一番です。しかし、それでも365日雨風にさらされているわけですから、どうしても汚れが目立ってきてしまいます。このような場合、墓石用の磨きセットというものがホームセンターで売られています。研磨剤が入っているものは、あまり擦りすぎると墓石を傷つけてしまいますので注意が必要です。水垢汚れを落とすクリーナーであれば、強く擦ることなく石を傷めずに汚れを落とすことが出来ます。徹底的にきれいにしたいのであれば、プロに依頼したほうがいいでしょう。プロの業者は、汚れた墓石をプロの道具を使って掃除してくれますので、頑固な汚れやコケ等もきれいに落としてくれます。

 

Calendar