葬儀関連用語サ行

葬儀関連用語サ行

ここでは、サ行の葬儀用語について説明してまいります。
サ行の葬儀用語としてここで説明するのは、最澄、榊、散骨、三分返し、三十三回忌、此岸、司祭、時宗、自然葬、死体検案書、死化粧、死装束、死に水、自筆証書遺言、死亡広告、死亡届、洒水、社葬、シャニダール遺跡、拾骨、十五仏事、数珠、儒葬、出棺、樹木葬、焼香、精進上げ、精進落とし、浄土宗、浄土真宗、初七日、白木、神葬祭、神道、神仏分離令、説教、全日本葬祭業協同組合連合会、遷霊祭、喪家、葬祭ディレクター、卒塔婆、尊厳死です。
最澄とは、空海と並ぶ平安時代の仏教指導者で、比叡山延暦寺を中心に天台宗を開きました。伝教大師としても知られています。
榊とは、日本において古来より神事に用いられるツバキ科の植物で、「サカキ」とよみます。語源は神と人の境というところからきているとされ、神棚に祀られることも多く見たことがある方も多いのではないでしょうか。
散骨とは、火葬後のお骨を粉末にしたものを海、空、大地に撒く葬儀方法をいいます。故人が愛した自然に還すというところから自然葬の一形態として最近では希望者が増えているようです。

■ 横浜、川崎の葬儀
 

 

Calendar