三分返しとは

三分返しとは

三分返しとは、香典返しの方法の一つで、包まれた香典額の三分の一を返すことをいいます。最近ではよく見られるようになってきたようです。
三十三回忌とは、年忌供養の一区切りとされる法要で年忌止めともいわれます。他にも、五十回忌で年忌止めにする場合があります。
此岸とは、あの世を表す彼岸の反対語で、現世のことを指します。仏教では、三途の川を真ん中に、現世と死後の世界が分けられていると考えられているのでどちらにも岸があるのですね。
司祭とは、キリスト教における僧職の位の一つです。主にカトリック・東方教会・正教においては祭を司る者として司祭(プリースト)が置かれています。プロテスタントの場合は万人祭司の考え方から、一部の宗派を除いて司祭は置かれておらず、宗教指導者として牧師が置かれています。
時宗とは、鎌倉時代に一遍によって開かれた浄土宗の一派で、阿弥陀仏を信じると信じないとにかかわらず念仏を唱えることで往生できると説いたところに特徴があります。
自然葬とは、墓にご遺体を納めるのではなく、自然に還す方法で行われる葬儀の総称です。広くとらえると、風葬、火葬、鳥葬、水葬、土葬、樹木葬など人工物(墓石や骨壷)を用いない葬儀方法がこれに含まれることになります。

■ 東京23区内の家族葬
       
       
       
       
       
       

 

Calendar