自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは、自分で作成する遺言の書き方をいい、一定の形式を守って書くことで法的に遺言としての効力を持ちます。費用がかからず、自分で書くため内容が漏えいしないというメリットがありますが、一方で形式に不備があると効力を持たないなどのデメリットもあります。
死亡広告とは、新聞などの媒体を介して死亡を伝えるものをいいます。著名人の死亡を伝える死亡記事(訃報)とは区別されます。
死亡届とは、死亡したことを証明するために市区町村の戸籍課などに提出する書類です。これが受理されることによって、住民票に死亡した旨が記載され、火葬許可書の請求をすることができるようになります。通常は、死亡事実を知った日から7日以内に出さねばならないとされます。現在では、遺族が直接行うのではなく、葬儀社などに代理を依頼する場合が多いようです。
洒水とは、密教で用いられる言葉で、清浄を念じて注ぐ水のことをいうとされ、「しゃすい」とよみます。神奈川県の足柄には洒水の滝という滝があり水行などが行われているようです。
社葬とは、会社において功績のあった人を称えることを目的として会社が主宰する大規模な葬儀のことをいいます。また、後継者を示すなど会社の対外的なアピールの場としての働きももっています。

■ 東京23区内の家族葬
 

 

Calendar